水戸GCのラウンドをマネジメント視点で振り返った件。

どもども。

水戸GCでの汗だく蒸し風呂ラウンドを、マネジメントという視点で振り返ってみます。

全体に、流れが良くなかった前半、スコアが作れなかったのは、3パットを連発したからなんですが、その悪い流れを作ってしまったのは、序盤のマネジメントミスだったと反省しております。

3パットボギーのあとの2ホール目。TSがこすった当りで、FW左サイド・残り200yという場面。

現状の私のスキルだと、200yは2打で乗せる距離。120(9I)+80(50°)でも150(7I)+50(52°)でもいいのですが、4UTを選択しました。してしまったのです(180+20)。

結果は、スライス球が右に出て、立木の根本のスタイミーなラフ。結局、2打で乗せれず、揚句3パットで、トリプルボギーを叩きます。

序盤2ホール目で、まだ身体が十分に動かない状況、グリーン周りのラフが絞られているレイアウト、残り距離から逆算した場合に取るべき選択肢、といろいろ考えると、このホールの2打目の選択は、大いに反省すべきポイントだったな、と思うわけです。

もう1つは、最終ホール。

後半は8ホール目まで5オーバーで来ていて、最終ホールもTSをFWのセンターに運べて、「よし、これで後半はダボなしで回れるぞ」と油断しました。

2打目は140y。グリーン左サイドと奥は林が近いリスクサイドで、右側はサブグリーンもあるセーフティサイド。マネジメントとしては、「左サイドに行かないように打つ。外すなら右サイド」なわけですが、ここで、8Iを巻き込み事故で左へ。木にあたってOBは免れたものの、バンカーインして、次の一打でホームランOBという最悪の展開を呼び込みました。

この日は、アイアンの巻き込み事故はほぼゼロで運転してきました。右サイドに外すことは何度かありましたが、それは「ミスするなら右」の意識がしっかりと持てていたから。

でも、この最終ホールの2打目は、その意識がちゃんと持てていなかったんですねー。TSを打ったところで、安心してしまっていた。

そういう気の緩み、集中力・注意力の欠如が、結果に大きく影響するんだということですね。

最後の最後まで集中力を切らさずプレーできるだけのフィジカル・メンタルを持ってないといかんのだなー、と改めて感じたのでした。

さて、この反省は次回のラウンドに活かされるんでしょうかね(笑。
スポンサーサイト

蒸し暑さMAX。汗だくの水戸GCラウンドで、パッティングがまた崩壊した件。


どもども。

いやー、暑い日が続きますねー。
もう、どうにかなっちゃいそうです。

そんな中、水戸GCで、年3回の仲間内コンペに行ってまいりました。
過去水戸GCでは1回プレーしておりまして、その時は、99(34)でした。

天気は曇り。日射しがないのはよいのですが、そよりとも風が吹かず、気温は30度前後で、蒸し暑さがMAXです。
もう、だらだらと汗が噴き出してきます。

結果はというと、51(21)+45(20)=96(41)。

一皮むけたはずのパッティングが、剥けてませんでしたね(涙)。
とにかく、傾斜とか芝目とかがわからなくて、1stパットが寄せきれず、そして、微妙な距離のパットをことごとく外しました。
ドライバーは安定していましたし、アイアンも最後のホール以外はこのところ頻発していた巻き込み事故をせずに運転できましたので、いい要素もなかったわけではないんですが、やっぱり、パットがよくないと、スコアにならないって話ですね。

パッティングをどうにかしないと、ここいらが限界って感じです。

酷暑のため、しばらくラウンドはございませんが、どうしたらいいか、考えたいと思います。

------
西コース
1H par4 △(3)
朝イチのTSはナイスショットでFWセンター。残り100yをPWで6mにオン。しかし80cmを外し3パットのボギー。

2H par 4 +3(3)
距離のあるミドル。TSはFW左サイドから4UTが右ラフ。木がスタイミーで打てず52°を2回。さらに3パットでトリ。

3H par3 -(1)
打ち下ろしのショート。PWをおおダフリで15y。52°で4mに乗せ、下りフックを沈めてパー。

4H par4 □(3)
TSはあたり損ねながらFW右サイド。残り250yを4UTで70y。52°がやや大きくピン奥6m。下りスライスが合わせ切れずまた3パット。


5H par4 △(2)
420y超の長いミドル。TSはFWセンターながら残り250y。4UTで残り90yから50°で6mにオン。なんとか2パットでボギー。

6H par4 □(3)
TSはFWセンターで残り130y。9Iがどダフリで残り90y。50°で6mにオン。しかし3パットでダボ。


7H par5 □(2)
TSが捕まりすぎで左ラフ。7Iのピッチショットで残り200yの左ラフ。もう一度7Iでグリーン手前30y。しかし52°がまさかのシャンクで右バンカー。58°で2mに寄せますが、2パットでダボ。

8H par3 □(2)
8Iが右に出てサブグリーン手前のバンカー。カチカチの砂にソールがはねてトップ。反対側のカラーから52°で4m。2パットでダボ。

9H par5 □(2)
ドラコンのロング。力んで右にフケますが、ギリギリセーフ。出すだけの2打から7Iを2回でグリーン手前30y。52°が寄せきれず2パットのダボ。

ハーフ終了で51(21)。
難しいグリーンに手を焼き、全体にダボペースの前半。各ホール1打ずつ多いんだよなー。

東コース
1H par4 -(2)
十分にガソリンを注入して臨んだ後半。TSは今日イチの当たりでFWセンター。150yを7Iでパーオン。6mを2パットでパー。

2H par4 -(2)
TSは右ラフ。つま先上がりのライから8Iで8mに2オン。2パットで連続パー。

3H par3 △(2)
8Iはやや巻き気味に左ラフ。52°が3mに寄りますが、パーパットをわずかに外してボギー。

4H par5 -(2)
TSはFW右サイド。7Iで残り90y。50°で3mにオン。バーディ外しのパー。

5H par3 △(3)
打ち下ろしのショート。9Iで8mにオン。しかし80cmを外し3パットのボギー。

6H par5 △(2)
560yと長いロング。TSから4UTを2回つないでグリーン手前30y。52°が4m残しで2パットのボギー。

7H par4 △(2)
TSはナイスショットながら右ラフ。つま先上がりのライから8Iでグリーン手前30y。52°が4m残しで2パットのボギー。

8H par4 △(2)
打ち上げのミドル。ナイスショットながら左ラフで残り160y。6Iでグリーン手前10y。52°が4m残しで2パットのボギー。

9H par4 +4(3)
ここまで順調な後半。しかし、最後の最後に落とし穴がありました。TSはFW右サイドで残り140y。8Iが巻き込みで大きく左。木に当たってバンカーイン。58°が硬い砂にはねてホームランOB。打ち直しを6mに乗せますが、1stパットが強く入って、締めくくりの3パットでダブルパー。

後半は45(20)。トータル96(41)

右足首の捻挫が引きずっている件。

どもども。

実は、前々回(2か月前)のオールドオーチャードの後半11Hで、カートから降りる際に、右足首を捻挫しました。

その場は、集中もしていたし、コケかたが格好悪かったので、あまり痛みも感じずに、我慢できてました。

その後、そんなにひどく腫れることもなく、多少の違和感は感じながらも、普通に歩くこともできたので放置していたのですが、どうにもしっくりこない状態が続いています。

特に、ゴルフのスイングのフィニッシュ、足首を伸ばす感じの姿勢の時に痛みが生じてしまい、フィニッシュを維持できません。

バンテリンサポーターを購入して装着してみたものの、さして効果はなく、どうも具合がわるうございます。

フィニッシュが取れない、というのは結構スイングバランスに影響を及ぼすものですね。なんというか、力がこもらないというか、丁寧にボールを扱えない感じというか。

もともとたいした腕前じゃないのですが、それでも自分のスイングを全うできないイライラはあります。

そうこうしているうちに、この週末は、年に3回の仲間内のコンペ。

うーん、今度こそと思っておりましたが、先に言い訳が出来ちゃいました。


2016年上半期終了。で、振り返ってみましょうか。

どもども。

えーと、2016年もあっという間に半分が終了しちゃいました。早いですねー。年々時間が早くなるような気がします。
さてさて、せっかくなので、ここまでの成績を振り返ってみようかと思います。
主なスタッツは以下の通りです。
-----
ラウンド回数   9回 (前年同期7回)
平均スコア    96.4 (前年96.2)
平均パット    1.85  (前年2.00)
最少スコア     90 (前年85)
ワーストスコア  103 (前年107)
最少パット     28  (前年32)
FWキープ    54.8  (前年55.7)
パーオン率   12.3  (前年20.7)
ボギーオン率  62.3 (前年65.6)
-----

全体的にはあまりぱっとしないスタッツですが、パット数については、過去最少を更新し、平均でも1.85と頑張っています。
数字もそうですが、感覚的にもちょっとよくなったかな、という感じはしていて、なんとなく一皮むけそうな気配があります。
技術的には、バックスイング、ダウンスイングの間・リズムをゆっくりすることと、ルックアップを我慢することの2点に意識を集中することで、ひっかけやプッシュアウトが減り、狙ったところにボールを運びやすくなった感じがしています。

ただ、相変わらず芝目、傾斜の読みについては、まだまだ自分のモノにできていないと思います。パッティングストロークが良くなってきているという自信をもって、今度は読みの技術をもう少しつっこんで考えてみたいと思います。

ドライバーは、ドローボールを打とうとフォーム改造を試みて裏目に出た昨年のどん底状態からようやく抜け出して、まっすぐ引いてまっすぐインパクトする、というシンプルな動作に戻すことで最悪の状態からは脱出できました。視覚的なプレッシャーによって急に安定性を失くすことはありますが、感覚的にはずいぶんよくなっていると思います。

ただ、安心して振り切れていない分、飛距離はずいぶん落ちているように感じます。結果、2打目以降に距離が残り、パーオン率が低下したり、2打目に無理なクラブ選択をして、ワンペナやOBになっているなどトラブル発生に繋がっていますが、ここは焦って距離を伸ばす努力をするよりも、今のスイングイメージでインパクトゾーンを安定させ、徐々に無意識のレベルにスイングを持ちあげていくことかな、と思っています。

UTも、ドライバーと同じように、まっすぐ引いてまっすぐインパクトする、という意識ですが、スイングが安定していないので、練習場でもあっちこっち散らかってしまうレベル(涙。ミスの出やすいクラブなので、練習量を増やし、しっかりヒットできるようにするのが大前提ですが、いまいまは、少しでも条件に不安がある場合には、UTを使わない、というマネジメントが現状では必要だろうと思います。

アイアンは、全体にひっかけるミス、巻き込むミスが多発しています。目下一番根の深い課題はここ。試行錯誤の繰り返しではありますが、ここしばらく意識している「脇を締めて、身体の回転でボールを運ぶ」感覚を持つことで、前回のラウンドでは若干改善されてきたように思いますので、この感覚を身体に覚えさせることかな、と今の段階では考えています。

アプローチは、ライの状況や置かれた状況から来るプレッシャーで精度が低下することもありますが、基本的には一番成長した部分だと思いますし、経験値のアップとともに、ピンそばにつけられる確率が上がってきている実感があります。実際パターの数字が良くなっているのは、アプローチの精度があがっていることにも関係があると思います。とはいえ、まだまだ改善の余地はあり、ここの確度をあげることは、1打縮めることに直結するので、感覚を高めるように継続していこうと思います。

バンカーショットは、スイング軌道のイメージはつかめていますが、砂の状態やピンまでの距離といった条件を踏まえてどのくらいの加減で打つか、自信を持って打てるよう、そして、イメージの再現性を高めるための実践練習を繰り返していくしかないと思います。

全体のマネジメントについては、とりあえずグリーンに向かって打って行って、結果として残り距離にあったクラブを選択して、最後は「上がってナンボ」でスコアになる、という行き当たりばったりのゴルフではなく、それなりに考えながら出来るようになってきているとは思います。しかし、1つのミスが、1打罰に終わらずに、大叩きにつながるケースが多発しているのは相変わらずな感じがします。

一言で言うなら、結果的にスコアがいくつになった、というのではなくて、狙ってスコアを作って行くマネジメントをしたいですね。
実現できない、夢のようなマネジメントプランではなく、諸々の条件を考慮に入れて、「ここはボギーで上がる」「パーを狙う」というプランを作り、そのプランを着実に実行して、目標どおりに上がる、みたいな。

ライの状況や傾斜、コース左右のリスク、自分の飛距離とクラブ毎のミスショットの危険性などを常に頭に入れながら一打一打を丁寧に考え、考えたことを実行してスコアを作って行く感覚を、もっと明確に意識するようにしたいと思います。

とまぁ、いろいろ書きましたが、楽しいのが一番なんだけど、でも、やっぱり、スコアがいい方が楽しいので、2016年後半戦も、がんばって、いいゴルフしたいと思います。
プロフィール

golfun

Author:golfun
ようこそ!

ゴルフが大好きです。下手ですけど。
観るのもやるのも大好き。

2016シーズンは、Ave.95stを目標にがんばります!

1-W CALAWAY LEGACY BLACK
3-W CALAWAY LEGACY BLACK
Utlty 25° CALAWAY LEGACY BLACK
Utlty 28° CALAWAY LEGACY BLACK
Iron  CALAWAY LEGACY 2010
Wedge 50° CALAWAY S-FORGED
Wedge 52° & 58° ONOFF S-FORGED
Patter  YAMADA Emperor 2

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR