土曜日のオールドオーチャードは、雨上がりで相当難しかった件。

土曜日のオールドオーチャード。

お天気は暑くもなく寒くもなく、風もなく、最高なのですが、コースのコンディションは、前日の雨が影響してかなり難しかったです。

というのは、

1)フェアウェイのあちこちがぬかるんだ状態。カジュアルウォーターハザードまではいかないが、ほぼランが出ない。(というよりたまに埋もれてしまうくらい)

2)バンカーは大きな水たまりが出来ていたり、固く締まってほぼベアグラウンド状態だったり、かと思えばさらさらだったり、条件がまちまち。

3)ラフはそれほど長くはないが、雨を含んで重たく粘っこい。

4)グリーン周りのラフも雨を含んで少しぬかるみ気味。上から落とすアプローチがドスン、と停まり、転がらない。

5)その割にはグリーンは速くて、するする、っと走る。

という感じ。

なんとなくイメージ通りにボールをコントロールできない、というか、イメージしたのと違う結果になる、というプレーの連続で、フラストレーションがたまる展開。

粘って、その状況に対応していければいいのですが、そんな余裕と実力があるわけもなく、徐々に集中力が欠けてくる感じで、全体にだらだらとしたしまりのないゴルフになってしまいました。

スコアは48(19)+51(20)の99(39)。なんとか100切りしたという程度。パターも3パット連発でいいところなしです。

せっかくいいコースで、いい天気だったのになー。

ゴルフの難しさを再認識いたしました。

さて次回は、武蔵丘のトーナメントコース。

この調子じゃ、相当叩きそうな感じですが、どうでしょうね。

がんばります!


スポンサーサイト

来週、トーナメントコースでのラウンドが入りました!

10/29は、大好きなコース、オールドオーチャードでのラウンドですが、その翌週の金曜日、平日ですが、ラウンドが入りました。

場所は、武蔵丘ゴルフコース。いつものゴルフ仲間が正月三が日に直前割引でプレーして、とてもよかったから一緒に行こう、ということで1月に予約をしたのですが、雪の予報が出ていたためキャンセルしたといういわくつきのゴルフ場です。

ちなみに、過去樋口久子さんの冠のつく女子プロトーナメントを数回開催しているコースらしく、なかなか難しそうな感じだねーと話していました。

昨日、女子プロの今シーズンの残り試合のリストをなんとなく見ていたら、このコースでトーナメントが開催されるのを発見しました。

三菱電機レディス

でよくよく見れば、開催日は今週末じゃないですか!

ということは、来週11/4は、まだトーナメント開催後1週間も経過していない、ということ。

おーw。これは、なかなか稀有な体験かもです。

セッティングは当然違うでしょうけど、ラフとかグリーンとか、トーナメント用に仕上げた「いい感じ」が残っているでしょうから、挑戦し甲斐がありそうです。

いやー、いい季節。いいゴルフ場でのラウンド、楽しい秋になりましたw。

天気もいいといいなーw。

ショートコースまわり放題で日没までプレーした件

どもども。

昨日は体育の日。
1964年の東京オリンピックの開会式があった日でございますね。
晴れの特異日ということで、久々の青空を期待しましたが、結局終日曇りゾラでしたね。
まぁ、雨じゃない分よかったですけどね。

さてさて、先日飲んだ席で、かつての会社の先輩から「アプローチの練習をがっつりやりたいので、お前も付き合え」と厳命が下り、しかたがないので、元部下でコースデビュー前の後輩を「おまえも付き合え」と巻き添えにして、3人でいくことにしました。

場所は、多摩川ぞいのショートコース。7ホール構成ですが、なかなか本格的で、一番長いところで170yくらい、短いものでも90yくらいあります。バンカーもなかなかないやらしいレイアウトに、かなりのアゴ高で設定してあって、ファミリーとかで楽しむにはちょっと難しいすぎじゃね?と思うくらいのレベルです。

10時集合に少し遅刻気味だったワタシは、駐車場からあわてて向かったため、コースの長さを確認しておらず、7I、9I、PW、52°、58°にパターの6本だけ握りしめてスタートハウスへ。

ゆっくり、たくさんプレーしようなどと目論んでいたのですが、なんのなんの。前日まで雨で降込められていたゴルフファンが大勢押しかけて大混雑。一番長い170y超のホールでは、普通のゴルフ場以上に待ちがでてしまいます。結局、日没までプレーして、3回(21ホール)しか回れませんでした。

それに加えて、川っぺりの風が吹きっぱなし。凍えるほどではないのですが、着実に体温を奪われていく感じで、待ち時間がとても苦痛でございました。

そんなこんなで、なかなか集中してプレーする環境ではなかったのですが、スコアは、ほぼボギー(笑。

練習になったんだかならなかったんだか、よくわからない一日でした。

次は、29日に大好きなコースの1つ、オールドオーチャードにてプレーすることが決まりました!

楽しみでございますw。

トップシーズン3連戦の最終戦は、雨のロングコースでぐったりだった件

どもども。

秋のトップシーズン3週連続ゴルフの最後を締めくくるのは、仲間内のコンペ。回数を重ねて、記念すべき15回大会でしたが、残念ながら終日雨となりました。

場所は、茨城・セントラルゴルフクラブ。何回かトーナメントの会場にもなったことがあるということで、レギュラーティーでも6700ヤード超と結構な長さのタフなコースでした。

レインウェアを着込み、グリップのすべりを気にしながら、というのは、やはりルーティンを狂わせますね。ここ数回の好調さが影をひそめ、ちょっとずつちょっとずつ狂いが生じてしまいます。

特にこの日は、ラフからのアイアン・アプローチの距離感に四苦八苦。オーバーしたり、チョロッたりとストレスのたまる展開でした。

結果は、50(17)+48(15)=98(32)。後半(東アウト)が、ロングホールが3つあるパー37のコースですので、72に換算すれば97というところでしょうか。

そろそろ90台前半で安定するかと思っていましたが、そうはいきませんね。こういう難しいコンディション、難しいコースでこそ、しっかりとスコアが出せるようになりたいものです。

あ、でも、ハンディが乗って、コンペでは優勝いたしましたw!念願の初タイトルです(笑。


東INコース
10H par4 △(2)
いきなり430y超のミドル。珍しく左に引っ掛けて林の中。幸い前が空いていて7Iで残り100y。PWでピン奥8mに乗せ、2パットのボギースタート。

11H par4 □(2)
1wは右にふかしてOB。前4から50°で5m、2パットでダボ。

12H par3 -(2)
打ち下ろしショート。9Iはピン左7m。スライスラインを2パットでパー。

13H par5 +3(3)
右ドッグ、500y越えのロング。1wが右林にプッシュアウトから出すだけの2打から4UTで右ラフ残り150y。7Iがラフに負けて100y。50°で2mに乗せますが3パットしてしまい、痛恨のトリ。

14H par4 -(1)
左ドッグ380y超の長いミドル。TSが安定しない今日。気分転換にボールを交換して1wはようやくFW。残り160yを7Iでカラー。52°で50cmに寄せて1パットのパー。

15H par4 □(1)
1wはFW右サイド、残り130。8Iが右に出てOB。打ち直しは引っ掛け気味に左ラフ。52°で2mに寄せて1パットのダボ。

16H par4 △(2)
414yの長いミドル。ボールを変えて、好調を取り戻した1wはFWセンターながら残り220y。4UTがややダフリ気味に残り70y。50°でピン奥8mから2パットでボギー。

17H par3 +4(2)
180y、打ち下ろしのショート。15番の2ndOBをひきづってしまったのか、7Iがシャンクして右林。ベアグラウンドの上に松の枯葉が積ったライで58°がチョロ。次はトップし、反対側のラフへ。ズルズルとミスが重なり+4のビッグイニング(涙)。

18H par5 △(2)
560y越えと長いロング。1wはナイスショットながら右FWバンカー。7Iで残り250y、4UTで70yとつなぎ、52°でピン奥8m。なんとか2パットでボギー。

ハーフ50(17)。このところ好調だったドライバーが左右に暴れ、雨で重くなった長いラフに2打目以降が不安定になる悪循環で、ショートのティーショットまで打てなくなるという、ストレスのたまるラウンド。噂に違わぬタフなコースです。たっぷりガソリンを注入して後半へ。

東OUTコース
1H par5 □(1)
500yのロング。午後イチ、TSはナイスショットながら右ラフ。ボールが浮いていると判断して4UTでチャレンジしますが、結果は力んでチョロ。同じことをもう1回やって、3回目でようやくナイスショットで残り40y。52°がやや大きくなりグリーン奥のカラー。もう一回52°で50cmに寄せて1パットのダボ。

2H par3 △(2)
池越え打ち下ろしのショート。7IのTSはやや短く、手前カラー。52°のアプローチは寄せきれず4m。2パットのボギー。

3H par 4 □(2)
打ち下ろしのミドル。1wはFWセンターで残り130y。8Iはトップ気味にグリーンオーバーで深いラフ。52°のアプローチはラフに負けてカラー止まり。パターのアプローチが2mオーバーして2パットのダボ。

4H par4 △(2)
右ドッグレッグのミドル。1wは右に出て深いラフ。50°でレイアップ、残り60yから52°でピン奥8m。ファーストパットを1.5mショートしますがなんとか2パットでボギー。

5H par4 -(1)
軽い左ドッグのミドル。1wはショートカットの左ラフ。しかし木がスタイミーなため、無理せず花道にレイアップ。52°が50cmに寄って1パットのパー。

6H par3 △(1)
やや打ち上げ、180yのショート。4UTのTSはまたしてもシャンク気味に右ラフ。52°が手前カラー止まりでもう一回52°。これがピンに当たって30cm。タップインのボギー。

7H par5 △(2)
540yの右ドッグレッグのロング。1wはナイスショットでFWセンター。4UTがやや左に引っ掛けてラフ残り150y。張り出した木の枝がスタイミーなため、7Iでピッチショットで花道50y。52°がピン手前3mで、2パットのボギー。

8H par5 △(2)
このコース、ロングが5ホールあり、パー73です。最後のロングは右に池がある500y。好調を取り戻した1wはナイスショットでFWセンター。4UTで残り150yの打ち上げを7Iで狙いますが、力んでダフリ残り50y。52°が1.5mによりますが、わずかに外して2パットのボギー。

9H par4 □(2)
最後は450yの長いミドル。300y付近にクリーク、グリーン周りの深いバンカーとハザードが盛りだくさん。1wはナイスショットでFWセンター、残り180yは打ち上げで実質200y近い。迷った挙句7Iでの刻みを選択、残り40yのちょいラフ。順目だけど、噛みたくないなぁ、などといろいろ考えながら打った52°がフライヤーでグリーン奥のラフ。せっかく刻んだのに、と後悔しながらの52°が下り傾斜で寄せきれずコロコロと8m。2パットのボギーでダボフィニッシュは、グズグズの後悔だらけ。

後半は 48(15)。長い距離、重いラフで思うようなゴルフはできませんでしたが、大崩れもしませんでしたので、このコース、コンディションなら及第点かなという感じでした。

プロフィール

golfun

Author:golfun
ようこそ!

ゴルフが大好きです。下手ですけど。
観るのもやるのも大好き。

2016シーズンは、Ave.95stを目標にがんばります!

1-W CALAWAY LEGACY BLACK
3-W CALAWAY LEGACY BLACK
Utlty 25° CALAWAY LEGACY BLACK
Utlty 28° CALAWAY LEGACY BLACK
Iron  CALAWAY LEGACY 2010
Wedge 50° CALAWAY S-FORGED
Wedge 52° & 58° ONOFF S-FORGED
Patter  YAMADA Emperor 2

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR